--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
05.24

佐助 1周年記念号 その2

Category: 佐助


佐助1周年記念その2ではお誕生日会の様子をお知らせします。↓

 



本当に早いもので佐助が我が家に来て一年が過ぎました。
そこで今日は、佐助の誕生日(本当は違うと思いますが
昨年我が家に来たときに「5/19が誕生日」と決めました。)パーティをしました。

IMG_0958_01.jpg 
   



昨日はプレお祝いで土曜から那須にお出かけして
今日は佐助の好きなごちそうを食べまくりました。

サーモンとお肉、そしてマグロなんかも食べ、ついでにケーキも!
もちろん食べ過ぎ・・・なのですが、年に1回のことなので見逃してください(汗)。
(これだけ食べても佐助はゲップをしながらまだ食べたそうにしていました)



IMG_0975_01.jpg



食べ終わるとおなかいっぱいで動きたくないかと思ったら
すぐに外(というか庭)に行きたいと主張。
誕生日なので主張通り庭に出て、しばらく遊び、その後散歩へ。

散歩はあまり気乗りはしないようで途中で立ち止まったりしていたのですが
1年前と同じポーズでまた抱っこされて歩いて行きました。

それでも公園に着くと、楽しそうに草を食べたり匂い嗅ぎをして堪能し、家に戻ってきました。

 

一年、 本当に楽しい一年でした。

佐助と一緒にいるのがまだ一年なんて信じられない感じがして、
ずっと一緒だったような感覚がするのが不思議です。

佐助は今でも恐いものがいっぱいあって、散歩も(人がいるところでは)苦手だし、
(人間の)ご飯僕にも!ください!と吠えちゃうところもある困ったちゃんですが、
でもでもだれよりもかわいいうちの子です。

佐助が家に来てくれたこと本当に感謝しています。
よく分からないけど赤い糸というのは本当にあるのかもしれません。

 

天才うなぎいぬさんの、勘吉くんを送り出す前のブログのことばが
私は大好きでいつも思い出します。


「この愛すべき小さな茶色い物体は私にいろんなことを教えてくれ
そしていつも私のそばにいて私を支えてくれました。

仕事から帰り玄関のドアを開けるといつも太陽のような笑顔で待っていてくれました。

勘吉を思うと胸の底から湧きあがってくる愛おしい、こういう気持ち、初めて味わう感情かもしれません。

今まで犬を飼ってこなかった私の人生とても損してきたなとさえ思います。」

 

犬と一緒というのは幸せなことですね。

本当に佐助は私にいろんなことを教えてくれます。
そして帰宅するとしっぽをぐるんぐるん回して迎えてくれる。このこみ上げてくる幸せ・・・。
何物にも代えがたいですね。

また、今日から佐助との毎日を積み重ねていける幸せ、ずっと大切にしていきます。

 

こんな日が迎えられたのも天才うなぎいぬさんのおかげです。
佐助を預かってくださってありがとうございました。
佐助の実家でいてくださってありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。




出勤途中の地下鉄の中でこのメールを読んだら

なんだろう、いろいろな思いが胸に去来し
なんだかものすごく泣きたい気持ちになって。

でも恥ずかしいのでこらえて涙が胸の中に溜まったままで仕事して

帰ってきて涼香と七海が迎えてくれた時

やっと玄関で泣くことができました。

涼香が心配そうに私を見るので「すずちゃん、ごめんね」って言いながら。

 

佐助母のメールからはいつも佐助を思う気持ちが溢れていて

こちらは感動するばかりです。

そしてそのやさしく佐助を見守る視点には勉強させられ

「私はどうだ?こういうすべてを包み込むような心で犬と接することができているか?」

と自分を改めて見つめ直してみたりします。

 

とにもかくにも佐助をこんなに大切にしていただいて

私は本当にとってもうれしい。

 

これからもずっと佐助一家が楽しく過ごせますように!!

佐助、2歳のお誕生日おめでとう!!

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://jiumeizi333.blog.fc2.com/tb.php/97-ea5bd344
トラックバック
コメント
タイトルは、鼻をかむ音です。

1年前、あどけなかった佐助くんが大きくなりましたね。
うちの犬も片方は怖いものが多くて、散歩は匍匐前進なので、佐助くん全然大丈夫!
優しい優しいいぬ親さまもついてるし。
佐助くんが千葉に遊びに来るなんて、千葉県民としてはなんだかうれしい。(*^^*)
エリカdot 2014.05.27 01:12 | 編集
エリカさん、もしかしてこれ前も言ったかもですが
佐助は我が家を卒業する時は確か11キロくらいだったと思うんです。
センターを出た時は9.8キロでお医者さんから「たてよこもうこれ以上大きくならない。
あと2キロくらいは太ってよい」って言われたのですが
本当の家族のもとでむくむく大きくなって今20キロもあるんですよ。
それにも動じず「どすこい!」と受け止めてくれている佐助の家族に
感謝なのです。v-344
天才うなぎいぬdot 2014.05.28 12:24 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。