--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
12.12

ふたりのかんけい

Category: 涼香


涼香が我が家で生活をはじめ1ヶ月経ち

 

この家での生活にも私たちにも慣れて来た頃

 

トライアルに出ていた七海が戻って来ました。

13220131212.jpg  


その後七海が我が家の子となり結果的に

 

先住犬が後からやってきたというレアケースになってしまいました。

25420131212.jpg  

 

初めてお互いが顔を合わせた時の瞬間は今でも忘れられません。

 

目を大きく見開き顔には恐怖と嫌悪といろいろな感情が混ざり合った複雑な表情が現われ

 

身体は凍りついたようにかたまり

 

自分が置かれた状況を一生懸命把握しようとしているようでした。

 

七海は「どうして元の自分の家にこの子がいるのかしら?」と思っただろうし

 

涼香は「私の家にどうしてこの子が入ってくるのかしら?」と思ったでしょう。

02420131212.jpg  


しばらく涼香は七海が動くだけで気になるらしく横にピッタリくっついて歩き

 

七海が嫌がって相手にしないとワンワン!と吠えていました。
  

涼香はなにしろ不器用な性格で自分の気持ちをうまく表すことができず

 

ピッタリくっついて歩くのは仲良くしたいのか気に入らないのかよくわからなかったのですが

 

一度七海が寝ているところに涼香が来て七海に寄り添うように寝転がったら

 

それまで黙って我慢していた七海が歯をむいて怒りケンカになったことがありました。

 

私がそばにいた時だったので幸い大事には至らなかったけれど

 

くっついて寝るなんて涼香は七海と関わりたいのかもしれないなぁと思いました。

03020131212.jpg  


それでも七海はストーキングされることをイヤがるので

 

涼香はその度私に怒られてなんだかかわいそうになりました。

01920131212.jpg  




ごはんの容器を並べて出したら涼香が怒って七海の容器をひっくり返し

 

フードが床に散らばって「どうしたらいいんだろう」と泣きたくなることもありましたが

 

そのあと二匹で黙々と散らばったフードをひとつひとつ拾って食べている姿を見て

 

どんな状況下でもたくましく生きていこうとする彼女たちの力強さを感じ

 

私は自分が情けなくなりしっかりやらなくちゃと学んだりもしました。

08120131212.jpg  


仕事に行くときや出かける時は一階と二階に分け柵をしていましたが

 

月日が過ぎるうちお互いどうにか折り合いをつけてくれ

 

半月も過ぎるころから一緒にいてもすっかり平気になりました。

 

私は涼香がこのうちの子は七海だとわかったのではないかと思っています。

02520131212.jpg  


身体が大きくて吠えたりして強そうですが心の中は繊細でやさしい涼香が一歩引いたのではないかと。

04820131212.jpg  


時々七海が鼻で涼香の鼻をツン!!とやったりするのですが

 

怒ることもなく「仕方がないなぁ」って許してあげているどころか

 

なんとなく悲しそうな顔をするので「涼香、いい子だね」ってたくさん撫でてあげます。

25820131212.jpg  


わたしにとってはどちらも愛おしい存在で

 

どちらも平等に可愛がることを心がけ日々暮らしています。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://jiumeizi333.blog.fc2.com/tb.php/69-265a3332
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。