--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
05.12

竜太郎 改め 幸汰 お届けしました

510日は竜太郎お届けの日でした。

 

さあ、さあ、記念撮影しましょうね。

 

七海もちょっとお外に出てきてね。

05320150512.jpg

 

ハイ、パチリ!

良いお顔で撮れました。

04320150512.jpg  



「竜太郎、元気でね、さようなら、幸せになってね。」

「七海お姉ちゃん、元気でね、さようなら。」


05820150512.jpg   



最後のご挨拶をすませ出発です。





 

 

竜太郎の本当のおうちは目の前が公園とドッグランで

そしてお留守番が全くないというのも
やんちゃでいたずら好きな竜太郎には本当にありがたい環境です。


 

いぬ親様のお部屋にお邪魔すると

ちゃんと竜太郎専用のスペースを設置していてくださり

11920150512.jpg

 


その上に写真があったので先代ワンちゃんの写真かなと思ったら

いぬ親会に竜太郎に会いに来てくれた時の写真が

大きく引き伸ばされ貼ってありました。


12120150512.jpg  

 


竜太郎が来るのを心待ちにしてくださっていたんですね。

なんかすごくその気持ちが伝わってきました。

ありがとうございます。

 

 

2人のお姉さんたちは竜太郎がピーピー鳴るオモチャが好きだというので

選んで用意しておいてくれました。

お姉さんたちありがとう~^^


08220150512.jpg  



さっそく引っ張りっこして遊んでもらう竜太郎。

093ペイント

 




 

新しい首輪とハーネスに付け替えます。

099ペイント



ハーネスにはおかあさんがわざわざ縫い付けてくださった迷子札がキラリ

ぶら下げるより首輪やハーネスに直につけた方が落とす心配がないとのアドバイスもきちんと実践してくださいました。

 

ちばわんのY字リードもバッチリ装着。

10320150512.jpg

 

ご家族と一緒の写真を撮ったら

 

11720150512ペイント  

 

そのままお散歩へ行くということで

玄関の所でお別れしました。


12420150512ペイント  

 




帰り際

車の窓から一瞬竜太郎と目があった気がしました。

 

その時竜太郎の頭の上にたくさんの

???マークが飛び交っているように見えました。


127ペイント

 


「おいらを置いてどこに行ちゃうんだよ?」とでも言いたげな表情。

 

竜太郎には何日も前からお話ししていたのに

なんにもわかっていなかったんだなぁ。

 

 




帰りの車の中から見える空の色は夕焼けとも違い

なぜか銀色に光り輝きなんとも美しかった。

私はこの空を一生忘れることはないでしょう。


さようなら、竜太郎。 

 

 

 

 

帰宅後いぬ親様から頂戴した手作りのお赤飯にかかった熨斗をよく見てみると

「感謝  竜太郎改め幸汰」との文字が。


12920150512.jpg



それからこのカーネーション。

12820150512.jpg



私は子どもがいないので母の日にカーネーションをもらうなんて

考えもしなかったのですが

頂いたときは「えっ!?私に?」と思うと同時に

「そうだ、私は七海の母なんだ」との思いもよぎり

 

なんだかホントいぬ親様のこのようなきめ細かい心遣いに感動でした。

 

 



 

その晩すぐにいぬ親様からメールが、、、

 

一部抜粋↓

 

お見送りの後の散歩では、明らかにTさんをさがしてきょろきょろ

しており、見ているこちらも胸が苦しく切なくて、仕方なかったです。

子供たちは、ドックランまで連れて行きたかったようですが、あまりにも

嫌がり、Tさんの車があったうちの方へ戻ろうとするので、無理させずに

帰りました。トイレをかねていったのですが、大小ともせず。

 

 

 

でもね、その後はちゃんとご飯も食べて

自分の居場所を決めてリラックスできていたそうです。

 

もう一度散歩に出た時はもう私を探したりせず

お姉さんと一緒にピョンピョン飛び跳ねて走ったりしてたそうな。

 

良かった。

 

夜はケージに入れて寝かせようとしたら

夜中にガタガタうるさくて下のお姉さんが気が付いて

お布団で一緒に寝てくれたそうです。

 

お姉さんごめんね~。

 

 

次の日はおとうさん、おかあさんがお仕事するところで

まったりと横になっているとのことでした。


20150512050.jpg  

 

センターから出してうちに来た初めての日は

うれしかったのでしょう
興奮して家の中を走り回って

「どどどどどうしよぉ~こんなの連れてきちゃってぇ~」という状態でしたが

 

今では新しいおうちに行っても最初の日から

ちゃんとまったりできるのです。

 

竜太郎がうちで過ごした日々には意味があったのだと

しみじみ思いました。

 

竜太郎、これでお前の試練は全て終わる。

あともう少し頑張りなさい。わかったね。


 

いぬ親様
幸汰くんをどうかよろしくお願い致します。

 

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://jiumeizi333.blog.fc2.com/tb.php/147-7ada667f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。