--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
05.24

佐助 命の1年間  その2

Category: 佐助


その1からの続きです。


肥満細胞腫という病気が誤診だとわかり

佐助の父と母はこれからも佐助と一緒にいられる幸せを

どう表現していいのかわからないくらい喜んでいました。

 

そして秋の行楽シーズンはお出かけの予定がいっぱいでした。

 

しかしその楽しいお出かけの最中の事でした。

 

2014923

佐助が高さ1m位のデッキからとびおりたところ

ものすごい調子で叫びつづけ座り込んでしまいました。

 

抱き上げて落ち着かせた後様子を見ると左後ろ脚をつかないでびっこを引いていたので

 

通院→触診→レントゲン。

診断「左後ろ脚前十字靭帯断裂」。

フィギュアスケートの高橋大輔選手と同じだそうで

佐助はまだ2歳なのに年齢的には珍しいケースらしく

レントゲンを見ると後ろ足の左右の長さがかなり違う上に

左後ろ足の上部には骨折の跡が認められたのです。

 

先生のお話しでは

「まだ小さいときに自転車かバイクによる交通事故で骨折したのだろう(車だったらこの程度では済まない)

その時に膝上の骨が回転して本来の向きとは違う向きでくっついてしまった。

その不自然な形で負担がかかっていた上、体重が重すぎたので断裂したのだろう。

(佐助の体重はステロイドの副作用で増えてしまっていたのです。)

痛みはあまりないだろうが膝に力が入らないので本犬は気持ちが悪いだろう。

治療法として前十字靭帯断裂は体重の軽い犬ならそのままで様子をみるが大型犬は手術をする。

また膝上の部分の手術の必要があるかはまだ保留。

とにかく体重は減らす必要がある。日常生活ではしばらく散歩はダメ。」とのことだったそうです。

 

 

この報告を受け私はとても驚きました。

 

佐助は小さい時に事故に遭っていたのです。

それなのに適切な治療もしてもらえないまま放っておかれたのです。

私は小さな佐助がどれだけ辛い思いをしてきたか

どれだけ痛いのを我慢してきたのかと思うと

前の飼い主のその無責任さに今でもこうして文字を打つ手が震えるくらい怒りを覚えます。

 

 

 

 

旅行先の病院は整形の専門とはいえ今後の事を考えると通院が遠いので

肥満細胞腫でお世話になった動物病院に整形外科が専門科としてあったので翌日通院。

 

診断

前十字靭帯断裂は触診で判断できるが腫れていて診断できない。

2週間後腫れが引いてから再度通院。

 

 

 

2014104

通院

2週間経ってだいぶ腫れはひいているが、まだ跛行しているのは多分前十字靱帯断裂だろう。

もしかしたら後十字靱帯も損傷しているかもしれない。ということでレントゲンを撮る。

 

結果

やはり左後ろ足大腿部の骨がローテーションしているので

通常の手術の術式ができるか他の方法が可能なのか

大学病院での診察を勧められる。

 

 

 

20141016

日本獣医生命科学大学に通院。

問診、レントゲン、CTをとって詳しく見てから再度通院。

 

 

 

20141027

再度通院。その時はCTをとるために全身麻酔。

結果は

・左後ろ足の前十字靭帯は麻酔のかかっている痛くない状態で足を動かしてみたところ

損傷はあるが断裂はしていないのではないか。

 

・靭帯を補強するための骨の手術をするためには大腿部の手術が必要。

大腿部が折れて曲がってくっついているのでそれを直して真っすぐにする。

現在でも大腿部上部の軟骨が摩耗しているので佐助の年齢を考えると

これから10年以上この状況では歩行等に支障が出ると考えられるので手術した方が良い。

 

 

 

2014124

入院、そのまま手術。

佐助母のメールから一部抜粋して様子をお伝えします。

 

 

入院当日、9時に病院に連れて行き、「これから手術前の検査を行い、問題なければ2時過ぎから手術を行います。手術は大体4時間から5時間くらいです。手術後は3か月くらいで(スタスタ)歩くようになるワンちゃんが多いです。手術開始時と終了時に連絡します」とのことで、佐助の普段の生活(フードや排泄、人との関わりなど)について動物看護士さんとお話をした後いったん病院を離れました。230分過ぎにこれから麻酔をして10時半ごろ「手術終了しました。」と連絡をいただき佐助に会いに行きました。まず、先生から

手術の状況「本来あるべき位置と違うつきかたをしている大腿部の骨を2か所切って角度を直し、その上で前十字靭帯損傷のための手術を行いました」とレントゲン写真(手術前・手術中・手術後と何枚も!)を見せてもらいました。説明も手術もとても細かくて、本当に大変な手術を受けたのだと思いました。「大腿部の骨の成形に時間がかかり、途中で手術を2回に分けようかと思ったのですが、そうすると本人(佐助のこと)の負担も大きくなるし、麻酔の状態も、本人の状態も安定していたので、手術を続行しました」ということでした。手術時間は8時間!!手術終了後はICUに入る。人間と犬とでは痛みの状況は違うということで当日は痛むので鎮痛剤を使うが、翌日になると痛むはずっと和らぐということでしたが。1日入れば翌日からは通常の入院部屋に行けるということでした。

 

 

 

20141219

レントゲンを撮って大丈夫なら19日退院としましょう。となりました。

抜糸も済みましたが足の中にはプレートやたくさんの金属が入っています。

今はまだ手術した足を使わないでしょうが本犬は手術をした意味を理解していないので

そのうちに使い始めると思います。でもプレートがずれたりするのが怖いので1か月くらいは散歩もトイレくらいでやめてください。家でもできれば1畳くらいのスペースであまり動き回らないように。

1か月後にまたレントゲンを撮り今後月1回くらいフォローをしていきましょう。」というお話でした。 

 

手術は成功。佐助も入院前とあまり変わらず甘えてきてくれます。大きな手術だったのを物語るように手術をした足だけでなくお尻から背中あたりまで毛刈りされていて、傷跡が痛々しいし、佐助も3本足(入院する前は4本足使うことも増えていた)で手術した足は使わず歩いていますが元気です。食欲もありますし、トイレも問題なしです。今の様子の写真はちょっと痛々しいですが。これから1か月は安静に生活して、そのあとも先生のご指導をいただいてリハビリしていこうと思います。



2014年12月退院した佐助

 

2014-12IMG_0648.jpg  

 

20151

月に1回受診することになっていて、1月は大学病院の担当の先生の診察日に休みを取れなかったため

肥満細胞腫でお世話になった動物病院での受診。

「とても順調です。これまでは安静にしていたと思いますが、短めの散歩もして少しずつリハビリしていきましょう。」というお話をいただきました。それからは510分くらいの散歩を始めましたが、うちの中ではだいぶ元気…というより一人で興奮して大運動会で走り回る状態。大丈夫か!?とドキドキしていました。

 

 

 

2015212

大学病院で診察を受けてきました。レントゲンを撮った後、担当の先生から説明をいただきました。

「とても順調で、骨の状態もいいです。大腿部の骨は人工的に骨折させたような手術でしたが、その痕もほとんどわからないくらいにくっついています。膝もいい角度になっています。金属も抜けたりせずいい状況です。これからは散歩も階段の昇り降りも大丈夫です。ただ、大腿部の軟骨は手術以前に擦り減ってしまっているのでこれは増えません。現在は大丈夫ですが、年を取ると軟骨は減ってくるのでこれからのことを考えると、犬の本能として走りたいということがあるので難しいですが、あまり全速力で走り続けるということはしない方がいいと思います。それからもし骨密度が下がってくると金属が抜けてくるということも考えられるのでそうしたときは金属を外すということもあります。」

ということでした。軟骨のこと、金属のことは加齢とともに考えていくことなので、まあ人間と同じですね。全速力で走るというのは佐助の生活ではそれほどない(ドッグランで人が少なくて…という時ぐらいです)ので、たまにはいいのかなと思っています。

今後は手術後半年(5月)、1年後のフォローでよいということになりました。

ご心配おかけしましたが、どうにか大丈夫そうです。まあ、これからは体重維持というかちょっとダイエットが必要になると思いますが、ふつうの生活に戻せそうです。

 

 

↑ 以上 メールを抜粋させていただきました。

 

 

ハァ、、、良かった。

 

2月になると毛もだいぶ生えそろい手術の痕もわからなくなってきました。

2015-02-02IMG_0688.jpg



 

3月下旬には

ペットドッグを受け血液プラス全身の様子を診てもらった結果

肥満細胞腫もどきの物もなく全身健康。

血液検査の結果も何の問題もなかったそうです。

ただし、もう少しダイエットということでした。

2015年4月

2015-04-01IMG_0765_01.jpg  

 


2014
1月からほぼ1年間

佐助も佐助のご家族も大変な時間を過ごしました。

でも佐助のご家族は佐助がたいへんな病気であっても

 

 

これからもずっとうちの子でいて欲しい、

今後どんなことが起きても佐助を愛している気持ちに変わりなく

これからもずっと一緒に生きていきます。

 

と言ってくださり一生懸命めんどうをみてくださいました。

 

2015-04-02IMG_0726_01.jpg  

 

大変な試練を一緒に乗り越え

佐助一家は更に固い絆で結ばれたのです。


2015-04-03IMG_0674_01.jpg 
 


佐助はもう大丈夫。

なんにも心配することはありません。



 

肥満細胞腫の情報をお知らせいただきましたちばわんの皆様に

改めてお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。


 

そして佐助の父さん、母さん。

病気だから歳をとったからと放り出す人たちがいるもう一方で

こうやって最期まで大切に寄り添おうとしてくださる人もいる。

佐助はすばらしいご家族に迎えてもらえたと思い感謝の気持ちでいっぱいです。

 

これからもどうぞ佐助をよろしくお願いします。


スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2015
05.19

佐助 命の1年間 その1

Category: 佐助

佐助、ご無沙汰しております。



 

我が家から巣立ったちばわん卒業犬佐助ですが

実は昨年肥満細胞腫という病気の疑いで

大変な日々を過ごしていました。



 

その連絡を受けてから私は毎日富士山に向かって

「佐助を助けて」とお願いしていました。



 

でもね、本当はちがったんです。

そんな病気じゃなかったんです。

私はどれだけ神様に感謝したことでしょう。



 

当時佐助のいぬ親様の心情に考慮し記事にするのは控えていましたが

今はもう元気200%なので

まとめの意味でも整理しておきたいと思い綴ってみました。

 

 


 

2014114

おちんちんの横辺りが小指くらい赤く腫れていたので通院。

鼠径ヘルニアの疑いでそのまま手術、入院。

翌日退院。

 

手術の結果鼠径ヘルニアではなく中に膿瘍があり膿がたまっていた。

膿がたまるには細菌性か異物反応性だそうだが

細菌性ではなく異物反応性だと思われるということだった。

その異物の原因としては
おなかに木の枝が刺さった、何かの種がはいったなどが考えられるが

その場合なら傷があるだろうが佐助のおなかに傷はなく
もしかしたら去勢したときの糸が残っていた疑い。



 

去勢手術先に問い合わせる。

1.    佐助は右が陰睾丸で、鼠径部にあったのか?

2.    手術の時の糸は絹糸・ナイロン糸・合成吸収糸・超音波メス・ステンレス糸など何を使用したか?


 

結果

陰睾丸ではなく通常の手術を行った。

糸は吸収糸で超音波メスは使っていない。

吸収糸というのは普通2ヶ月くらいで溶けてしまうそうでおなかに残っていたとは考えにくい。

 


2014118日通院

「陰睾丸ではなかった、糸は吸収糸だった」と獣医さんに伝えると
では去勢手術が原因ではないだろうということだった。

膿から培養していたシャーレに細菌が繁殖したのでこれが原因だろうということになったが

佐助のおなかに傷がなく開いたところからも枝などの異物はなくはっきりしたことはわからなかった。

 





2014121日通院

病理検査の結果病名は肥満細胞腫という悪性腫瘍だった。程度は中等度分化型。

中等度分化型までは投薬が効くということでステロイドの服用を開始。

手術は鼠径部で多くの血管が集中しているため難しく

ステロイド服用の効果で今後の治療を考えることになった。



2014年 2月の頃の佐助
IMG0169JPG (2)ペイント


 

201448日通院

ステロイドの投与も順調に進みこの時期1週間に1回になる。

症状は触診と目視だけだが特に異常なし。



 

4月初旬伊豆高原へ旅行


IMG0297JPG (2)


IMG0242PG (2)  

IMG0264JPG (2)ペイント 





201453日通院

ステロイドの投与が週1回になり1ヶ月が過ぎ、4月分の薬を飲みきったので通院。

血液検査→フィラリア検査と健康診断、ステロイドによる身体への影響を調べる。

結果問題なし。

前回手術後の検査でいくつかの数値が基準超えだったがそれも落ち着いている。

ステロイドの影響が出るという肝臓に関する値も問題ない。

今後も週1回のステロイド投与を続けることになった。




 

2014519

また細胞腫ができたが今回は自壊したので手術はなし。

但しステロイドの投与をもう一度最初の量に戻してやり直す。

治療の方法として

1.    手術

2.    放射線治療

3.    ステロイド治療

 

1は部位が難しい(完全に切り取るにはおちんちんにつながる血管や足の付け根の大動脈と重なる) 

2は月1回大学病院で麻酔をしてということで現実的ではない

3が現在の治療



5
19日はお誕生日の記念に那須へ旅行

5月19日那須

佐助のご家族は佐助が元気なうちに一緒にたくさん楽しもうといろいろな所に出かけました。









6月になり私はちばわんから許可を得てメーリングを使わせて頂き

皆さんに肥満細胞腫について何か知っていることがあったら教えてくださいとお願いしました。

 

皆さん本当に親身になって佐助の事を考えてくださり

いろいろ教えてくださいました。とってもうれしかったです。

 

佐助の父と母は皆さんからのメールを受け一生懸命考えて

違う病院へ受診することを決めました。

 

 

719日セカンドオピニオン受診。

触診、針での検査をした結果肥満細胞腫は見られなかった。
初回の病理診断(病院のではなく)がはっきりと書かれていないので
グレードがどうなのかもう一度初めに検査に出した細胞を確認。

病院に残っていたスライドを再度別の検査機関に出す。
結果佐助は肥満細胞腫ではなかった。


しかし114日に気付いた腫れの原因は特定されないままでした。。。




この数ヶ月佐助の父と母は辛くて辛くてたくさん泣きました。
でもメールで私にこんなふうにおっしゃってくださいました。

「病気のことは考えると悲しいけれど、佐助は今私の目の前にいてくれてかわいい顔を見せてくれています。
私にはそれで十分です。佐助がどんな病気でも佐助は佐助、我が家の大切な家族です。」


ありがとう。ありがとう。

 

ご家族はこれからもずっと佐助と一緒にいられる喜びを噛みしめていらっしゃいました。

力をかしてくれたちばわんのメンバーの方にも大変感謝されていました。

 

とにかく佐助は命にかかわるような病気ではなかったということです。

今回の件では誤診の恐ろしさ、セカンドオピニオンの大切さを学びました。

 

しかしホッとしたのも束の間今度は怪我が佐助を襲うのでした。

 

続きはその2で。




Comment:4  Trackback:0
2014
05.24

佐助 1周年記念号 その2

Category: 佐助


佐助1周年記念その2ではお誕生日会の様子をお知らせします。↓

 



本当に早いもので佐助が我が家に来て一年が過ぎました。
そこで今日は、佐助の誕生日(本当は違うと思いますが
昨年我が家に来たときに「5/19が誕生日」と決めました。)パーティをしました。

IMG_0958_01.jpg 
   



昨日はプレお祝いで土曜から那須にお出かけして
今日は佐助の好きなごちそうを食べまくりました。

サーモンとお肉、そしてマグロなんかも食べ、ついでにケーキも!
もちろん食べ過ぎ・・・なのですが、年に1回のことなので見逃してください(汗)。
(これだけ食べても佐助はゲップをしながらまだ食べたそうにしていました)



IMG_0975_01.jpg



食べ終わるとおなかいっぱいで動きたくないかと思ったら
すぐに外(というか庭)に行きたいと主張。
誕生日なので主張通り庭に出て、しばらく遊び、その後散歩へ。

散歩はあまり気乗りはしないようで途中で立ち止まったりしていたのですが
1年前と同じポーズでまた抱っこされて歩いて行きました。

それでも公園に着くと、楽しそうに草を食べたり匂い嗅ぎをして堪能し、家に戻ってきました。

 

一年、 本当に楽しい一年でした。

佐助と一緒にいるのがまだ一年なんて信じられない感じがして、
ずっと一緒だったような感覚がするのが不思議です。

佐助は今でも恐いものがいっぱいあって、散歩も(人がいるところでは)苦手だし、
(人間の)ご飯僕にも!ください!と吠えちゃうところもある困ったちゃんですが、
でもでもだれよりもかわいいうちの子です。

佐助が家に来てくれたこと本当に感謝しています。
よく分からないけど赤い糸というのは本当にあるのかもしれません。

 

天才うなぎいぬさんの、勘吉くんを送り出す前のブログのことばが
私は大好きでいつも思い出します。


「この愛すべき小さな茶色い物体は私にいろんなことを教えてくれ
そしていつも私のそばにいて私を支えてくれました。

仕事から帰り玄関のドアを開けるといつも太陽のような笑顔で待っていてくれました。

勘吉を思うと胸の底から湧きあがってくる愛おしい、こういう気持ち、初めて味わう感情かもしれません。

今まで犬を飼ってこなかった私の人生とても損してきたなとさえ思います。」

 

犬と一緒というのは幸せなことですね。

本当に佐助は私にいろんなことを教えてくれます。
そして帰宅するとしっぽをぐるんぐるん回して迎えてくれる。このこみ上げてくる幸せ・・・。
何物にも代えがたいですね。

また、今日から佐助との毎日を積み重ねていける幸せ、ずっと大切にしていきます。

 

こんな日が迎えられたのも天才うなぎいぬさんのおかげです。
佐助を預かってくださってありがとうございました。
佐助の実家でいてくださってありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。




出勤途中の地下鉄の中でこのメールを読んだら

なんだろう、いろいろな思いが胸に去来し
なんだかものすごく泣きたい気持ちになって。

でも恥ずかしいのでこらえて涙が胸の中に溜まったままで仕事して

帰ってきて涼香と七海が迎えてくれた時

やっと玄関で泣くことができました。

涼香が心配そうに私を見るので「すずちゃん、ごめんね」って言いながら。

 

佐助母のメールからはいつも佐助を思う気持ちが溢れていて

こちらは感動するばかりです。

そしてそのやさしく佐助を見守る視点には勉強させられ

「私はどうだ?こういうすべてを包み込むような心で犬と接することができているか?」

と自分を改めて見つめ直してみたりします。

 

とにもかくにも佐助をこんなに大切にしていただいて

私は本当にとってもうれしい。

 

これからもずっと佐助一家が楽しく過ごせますように!!

佐助、2歳のお誕生日おめでとう!!


Comment:2  Trackback:0
2014
05.22

佐助 1周年記念号 その1

Category: 佐助


昨年5月19日に我が家を卒業した佐助が
本当のおうちでの生活をスタートさせてから1年が経ちました。

佐助は怖がりで我が家にいる頃散歩もままならず
どうなることかと心配していましたが
私のそんな心配もよそに素敵なご家族とご縁が結ばれました。


今回は佐助1周年記念として
2回にわけて佐助母さんからいただいたメールをご紹介します。




まずは4月中旬に頂いたメールから↓




先日伊豆に行ってきました。宿の近くにドッグランがあり行ってみました。

IMG0249JPG (2)


佐助はお友達とは遊びたいものの飼い主さんが恐くて
山のようになっているドッグランの一番高いところに陣取ってというか隠れて
お友達が上がってきてくれるのを待っていました。

 

写真はたまたまお友達が来てくれた時のものです。

IMG0242PG (2)  

 


また伊豆高原のカフェにお茶しに行ったり、お花畑に行ったり

IMG0256JPG (2)ペイント




(佐助は他の人が恐くてなんと抱っこ紐で抱っこされているのですが)・・・
楽しく(私たちは・・・佐助はどうでしょう??)過ごしてきました。


IMG0264JPG (2)ペイント  

桜も伊豆だけでなく自宅の近くや栃木などで見て来ました。




 

それから佐助君が人になれるのは難しいかと思ったので
乗り物に乗っていれば大丈夫かとカートに挑戦してみましたが
写真の通りカートも恐くて耳が下向き・・・この後カートから飛び降りていました。

 

IMG0297JPG (2)  

4,5,6月は月一ペースでお泊まりに行く予定で今週末は千葉にいきます。

 

佐助は本当にかわいくて(笑)いてくれるだけで天使のようなのですが、

今日はおもちゃで遊びながら私の横にぴったりくっついていてくれました。

その様子がとてもかわいくて、とても心が満たされる感じでした。

こういう瞬間って本当に(「本当に」が多すぎますね)何にも代えがたいです。

本当に佐助と巡り会えたこと、幸せに感じます。

1年前の今日はまだ佐助をかわいいなあ、一緒に生活できたらいいなあ、

もうすぐ4月の篠崎での犬親会だから早く言わなきゃと思っていたころだなんて
振り返ると不思議な感じです。


IMG0318JPG (2) (1)


1年たってもまだまだ散歩や人がいるお外が苦手な佐助ですが

抱っこひもで抱っこしてもらったり

カートに乗せてもらったりと

父さん母さんに愛情たっぷり注がれてと~っても幸せ!

佐助も父さん母さんがだ~い好き!

よかったねぇ~。幸せだね、佐助。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。